沿革

学校の始まり

【明治時代】
 学校発祥の地の一つ


【大正時代】


【昭和時代】

「神島田」の由来

一説には、唐臼、中一色は、古くは津島神社の社領としてその支配下にありました。津島神社の祭神は「牛頭(ごず)天王」であります。そのため川祭りに使用される「神葭(みよし)の神事」の葭(よし)を、中一色の日光川の川沿いで採集していたことから、この地は「神田」と呼ばれるようになり、そして、この辺りは地形的に「島」のようになっていたところから、『神島田』という名称が生まれたのではないかと考えられています。

もう一説は、唐臼神社には「牛頭天王」がまつられており、津島神社の一字の「島」、中一色神社には「天照大神」がまつられているので伊勢神宮の「神」、鹿伏兎神社は「熱田社」で熱田神宮と深いつながりがあり、この「熱田」の一字「田」をとって『神島田』という名称になったとも言われていますが定かではありません。いずれにせよ、言えることは「神」と縁があることは間違いないと思われます。

「神島田小学校」の歩み

明治42  海東郡永和北尋常小学校として開校

明治45  新築校舎に移転  校歌制定

昭和16  海部郡永和村北国民学校と改称される

昭和22  永和村立北小学校と改称される

昭和31  津島市立神島田小学校と改称される(津島市合併による)

昭和32  校章が決定される

昭和33  新校舎竣工

昭和34  伊勢湾台風により避難    高台寺小、北小にて授業を行う

〃     12月 本校にて授業再開

昭和35  アメリカ映画女優シャリー・マックレンさんより愛のピアノ搬入される

〃     二宮金次郎銅像移転改修

昭和38  プール竣工

昭和40  文集「みのり」発刊される

昭和41  校旗披露 校歌発表会を行う

【作曲 薗田恵一郎(愛知学芸大 )作詞  長谷川春一(校長)】

昭和42  講堂改築工事

昭和45  新校舎鉄筋3階竣工

昭和48  PTA研究委嘱を受ける

昭和49  増築校舎6教室分竣工

昭和50  県教委「義務教育問題の研究」委嘱を受ける(~昭和51)

昭和53  東館8教室分竣工 校内放送設備整備

昭和54  広島被爆遺品資料巡回展示会を行う

昭和56  神島田交通少年団結団式を行う

昭和59  校地拡張がはじまる(校舎西側)

昭和61  老人宅慰労激励訪問がはじまる

昭和62  安藤病院へ年賀状の贈呈はじまる

昭和62  交通安全パレードがはじまる

平成 元  管理棟、西館増築竣工 安藤病院訪問演奏会がはじまる

平成 2  安藤病院に加え恵寿荘訪問演奏会がはじまる

平成 3  ボランティア活動で県より感謝状受賞

平成 4  体育館完成竣工

平成 6  国体炬火リレーに参加 交通安全功労者表彰を受ける

平成 8  NHK学校放送研究委嘱を受ける

平成 9  新プールが完成する

平成10  日時計除幕式を行う 県青少年赤十字加盟校となる

平成11  コンピュータ教室ができる

平成13  運動場東側フェンスが完成する

平成14  フッ化物洗口がはじまる

平成14  青少年赤十字活動研究推進校の委嘱を受ける

平成22  地域にはたらきかける学校づくり推進校の委嘱を受ける

研究のあゆみ

昭和61年度   豊かな心を育てる活動推進事業(~62年度)

昭和63年度   豊かな心を育てる活動自主推進

平成 8年度   NHK学校放送研究「楽しく学び合える学習活動を追求しよう」

平成 9年度   愛知県視聴覚教育研究協議会指定校

平成10年度   「楽しく学び合える学習活動を追求しよう」
ー生きてはたらく確かな学力の育成を目ざしてー(~11年度)

平成12年度   自ら課題を見つけ意欲的に追求する児童の育成
ー総合的な学習の時間の創造を通してー

平成13年度    気づき 考え   追求する児童の育成

平成14年度   「協働する学びを通して新しい気づきに向かう子どもの育成」
ー生活科・総合的な学習等を通してー(~15年度)

平成22年度   地域と共に生きる心豊かな児童の育成を目指して(~23年度)